このサイトについて

はじめまして! 数あるサイトの中から当サイトへお越しくださり、ありがとうございます!

「コレどういうサイト?」
「どんな奴が書いてんの?」

そんな疑問にお答えします。

興味を持っていただけたことがありがたく、想いをお伝えしようとしたら、ずいぶん長くなってしまいましたが、当サイトにお越しくださった方への思いを綴っておりますので、興味のある方はお付き合い下さいませ。

読み飛ばしても全然問題ないので、「長文は無理!」という方はメインコンテンツをお楽しみください。
 

このサイトを作ろうと思った3つのきっかけ

当サイトは、おしゃれが苦手な方のためのファッション情報サイトです。

なぜこのサイトを作ろうと思ったのかと言うと、ファッションが苦手な兄弟と友人に、わかりやすく無難ファッションを伝えたったから

このサイトを作るにあたって想定しているモデルは3人います。

一人は私の兄です。ファッションに興味がなく、面倒に感じているけれど、「ダサいのは嫌!」。ちょっと不器用なところもあります。長らく彼女がいません。

もう一人は学生時代からの友人です。友人は、おしゃれになりたい気持ちはあるものの、何をどうしたらいいのかわからなくて困っていました。彼女にいつもダサいと言われていたそうです。

そして3人目は、取引先の知り合いです。こちらの方は、強烈なコンプレックスを持っていました。おしゃれな人に対する警戒心がハンパない。服屋に行っても「どうせ俺のことダサいと思っているんだろう」などと考えてしまい、頭が爆発しそうになるようです。かなり重症です。

こうした思いを抱える3人から相談を受け、私なりの回答をしていました。一緒に買い物に行ったりもしました。

でも、どうしてもうまく答えられないことがあったんですよね。

それを言語化するのはすごく難しいのですが、これはきっとファッション知識だけでは解決できない悩みなんだと思います。

いくらオシャレなコーディネートを組んでも根本的な解決には至らない。付け焼刃では結局服に着られてしまう……。

それを解決する方法を伝えるために、体系的なサイトを作ろうと思いました。

ファッションに自信がないがために、魅力が損なわれてしまうのは、すごくもったいない。

おしゃれに対する苛立ちを抱えるマイブラザーのために、最善の答えを見つけたい。

そんな思いがこのサイトの原動力となっております。

 

そして2つ目は、よくわからないもやもや感を言語化したかったから

先ほども言った通り、ファッション知識だけで解決できない部分が私はすごく気になっています。

でも、それを体系的に説明することができません。だから、どうしても感覚的な答えしか示すことができないわけです。

当然、「何となく」なんて答えじゃ納得できないですよね。おしゃれに対して苛立ちを感じていれば尚更です。

「なぜこれがオシャレで、なぜこれがダサいのか?」

これをきちんと説明できないことが悔しく悔しくて。

もっと論理的に「これがおすすめだよ」と言える自分になりたいと思いました。

そのために、知識を深めて、説明する練習をこのサイトでしよう!という魂胆です。

単純にもやもやして気持ち悪いからスッキリしたいという思いもあります。

何にしても、おしゃれの障害となる部分を明らかにしたいという気持ちが強いのであります。

 

そして最後、3つ目の理由はファッションが好きだから

おしゃれな服を着るのってワクワクしますよね。特に私は服を作るのが好きで、街行く人のファッションを見て「その人を魅力を最大限に引き出すのはどんな服か?」ということを考えるのが楽しいです。美しいシルエットを見つけると、ついまじまじと見てしまいます。そういうツボを心得ている人に出会うと、自分の中の何らかのスイッチが入るようです。

私自身も、メンズファッションが好きです。というか、フェミニンな格好が苦手で、「これ好き!」と思うのは大抵メンズライクな服なんです。だから、男性ファッション誌も昔から好んで読んできました。それで素敵なデザインの服や着こなしに出会うと、「あーこれカッコいいな~」という憧れと気持ちよさが混じったような気持ちになります。要するに、楽しいんです。

メンズファッションは、自分にとって身近な服装なので、メンズ服について考えているのが自然な感じ。今のトレンドを知れるのも面白いし、伝統的な礼装の知識を学ぶのも好き。

そんな感じで、ファッションについて調べたりまとめたりするのが、自分の喜びにつながっています。

2つ目の理由にも通じますが、自分の好きなものだからこそ極めたいって気持ちは根底にありますね。ファッションは奥が深い世界なので、知れば知るほど「まだまだだなぁ~」と思うばかりですが、それもまた充実感があって良いのです。

……と、とっても個人的な理由ではありますが、こういうのって大事ですよね。というか、好きじゃなきゃできないっす。

 
だから私は提案します。

愛を込めて「失敗しない無難なファッション」を……!

 

書いてる人について

このサイトを書いている人についても改めて紹介しておきます。要約すると「ファッション関係の仕事をしてきたアラサー女が書いています。あなたは必ずオシャレになれるから一緒に頑張ろう!」ってことなので、興味がない人はこちらも読み飛ばして大丈夫です。
 

私は30代女性です。ファッション関係の仕事に携わってきて、メンズアパレルショップの勤務経験もあります。現在は、ファッション関係からは離れて、事務仕事をしていますが、また服に関わる仕事をしたいなーと思っています。

ファッション関係の仕事と言ってもいろいありまして、私はやっていたのは、作る側です。デザインとかパターンとか企画とか、裏方的な仕事ですね。

そういう仕事をする前に販売もやりました。仕事をする上で、ちゃんと流通の流れを知っておこうねってことで。一番長かったのはメンズブランドで、そこでも店頭に立ってお客様と接しました。販売の仕事はそれほど長い期間ではありませんでしたが、いろいろ学ぶことは多かったです。

そういう経歴もあり、プライベートでもメンズファッションについて相談を受けることがしばしばあります。

服が好きな人やおしゃれに興味がある人は、どんどん知識を取り入れて、カッコよく変身していきます。私のアドバイスなんか必要ないって感じです。

でも、「おしゃれを始めよう」という前段階でつまづいてしまう人が一定数いるんですよね。

で、私はそういうオシャレへの抵抗感みたいな心理がすごくわかるんです。何せ、私がファッションに興味を持ったきっかけは、自分のコンプレックスを隠すためだったから。容姿に自信がなかったし、というか実際に残念な容姿だったので、少しでもイケてる自分になるための鎧(=おしゃれな服)を一生懸命探しました。

そのプロセスで迷走しまして、一時は、全身黒づくめのファッションや、サブカル女的な感じになりました。前髪を短く切りがちなヤーツです。まあ黒歴史です。あまり思い出したくないです。今は一般人に溶け込んだ普通の人になりましたけれども。

こういう劣等感とファッションってつながっている部分があるんじゃないかなと思います。特に、“イキってるファッショニスタ”の中にそういう人が結構な割合でいます。カッチョいい服(=鎧)で自分を一生懸命守ってる痛々しさ、感じたことありませんか? そういう人に、私は自分とよく似たメンタリティを感じるわけです。アパレル業界には超オシャレな人がたくさんいますが、それに負けないくらいイキりファッショニスタもいます。

そういう人(ファッションに傾倒する人)と、おしゃれに抵抗感を持っている人って表裏一体なんじゃないかなぁと。つまり、私とあなたも似た者同士じゃない?って。

私はたまたま洋裁や手芸が好きだったので、作る仕事としてのファッションにたどり着きましたが、基本的に劣等感は消えていませんから、特定の分野のファッションに対しては、ものすごい抵抗感を持っています。多分、その感じが共通していると思うんですよね。
 

それで、問題はここからです。そういうコンプレックスをこじらせて卑屈になると「モテ」から離れてしまいます。ひねくれている人は、魅力が激減します。自分でネガティブアピールをするわけですからね。それってすごくもったいない。

だから、そういう意識を克服できたらいいなぁと。

ファッションって決して難しいものじゃないんですよね。ガンバッテ流行りの服を着る必要もありません。ただ、自分に似合う服を身につければいいだけ。そうしたら、自然に気分がウキウキするんです。服装が変わるだけで、自信を持てることもあるんです。その感じが魅力につながると私は思っています。

ファッション業界は利益を上げるために服を売ってナンボですから、どんどんトレンドを作りまくって、時に意味不明なデザインを売ることもあります。そういうファッションを取り入れて、業界に踊らされるフリをして楽しむのも一つです。

その一方で、「そういうのは興味ない」という人に、ノイズを取り除いたファッションを提案するためにはどうしたらいいのかな?ということが私の中で大きなテーマになっています。
 

ぶっちゃけ、ファッションがどうのっていうより、モテたいじゃないですか。

可愛いあの子とやりたいじゃないですか。
 

だから、その願いを叶えるためにはどうしたらいいのか? その答えをこのサイトで提示できたらいいなと思っています。

ファッションや身だしなみは手段の一つです。モテるための戦略として、ファッションをうまく活用していけたらいいなぁと。

それを言語化するのはなかなか難しくて、もどかしい気持ちもあるのですが、絶対にあなたの魅力をアップさせることは可能なので、一緒に頑張っていきましょう!

それが私の率直な思いです。

 

 

人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

この夏なに着る? 5

「ダサくない男の夏服はどんなの?」 「今着てるTシャツって大丈夫なの?」 そんな ...

更新日:

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.