コーディネート全体のシルエットの種類

更新日:

コーディネートって難しいですよね。

慣れないうちは、一つ一つのアイテムをどのように組み合わせたらいいのか迷ってしまいます。

それぞれの素材や色、デザインを考えて合わせなければいけないと思うと、何をどうしたらいいか混乱してしまう人もいるのではないでしょうか。

アイテムを組み合わせるとき、印象を大きく左右するのが全体のシルエットです。

言い換えれば、全体のシルエットをキレイにまとめることができれば、安価な服でもオシャレに着こなせます。オシャレな人は皆シルエットがすっきりしているんですよね。

コーディネート・着こなしの第一歩として、まずは全体のシルエットについて見ていきましょう。

コーデ全体のシルエットの種類

Iラインシルエット

Iラインシルエット(ピーコート)

まっすぐなライン、上も下もタイトですっきりとしたシルエット。全体にスマートなスタイルで、無難な着こなしをお求めの人におすすめのシルエットです。ビジネスマンのスーツスタイルもIラインです。

Aラインシルエット

Aラインシルエット

細身のトップスに、ボリュームのあるボトムスを合わせて作るシルエットです。男らしさやラフさを表現できるスタイルです。Aラインシルエットのアウターにスキニ―パンツを合わせるコーディネートもあります。下半身のボリュームを隠せます。

Yライン(Vライン)シルエット

Yライン(Vライン)シルエット
Aラインとは反対に、上はボリュームのあるアイテム、下はコンパクトなアイテムを合わせたスタイルがYラインシルエットです。大きめサイズのトップスやアウターに、スキニ―パンツの組み合わせが定番です。

Xラインシルエット

Xラインシルエット(トレンチコート)

ウエストラインが絞られたシルエット。ベルトなどを使って作ります。メリハリのあるラインで、肩幅が強調されます。

もともとは女性用のワンピースやスーツなどで取り入れられることの多いラインですが、細身のシルエットが流行している昨今、メンズスーツでもXラインに近いシルエットが見られます。Hラインシルエットと呼ぶ人もいるようです。

肩とヒップにボリュームのあるデザインで、ウエストの細さを強調。女性らしいシルエット

Oラインシルエット

Oラインシルエット
肩が落ちたデザインで、丸みを帯びたシルエットです。さらに、裾にいくにしたがって細くなるテーパードパンツを合わせることで、Oに近いラインをつくることができます。上半身のアイテムは、ラグランスリーブやドロップショルダーなど。

ウエストからヒップをふくらませたコクーン(繭)やバルーンと呼ばれるデザインでつくられるシルエットはレディースアイテムで多くみられます。

まとめ

全体のシルエット(IAYXO)

シルエットを決めてからアイテムを組み合わせる方法だと、ゴールが見えているので、どんなアイテムを合わせたらいいか、考えやすくなるのではないかと思います。

いろいろなシルエットを見比べてみることで、全体のシルエットがどれだけ印象を左右するかよくわかりますよね。

実際に自分が持っている服を合わせるとなると、シルエットがどうなっているのか掴むことは難しいかもしれません。手持ちの服と組み合わせて購入するというのもなかなか面倒なものです。

まずは、雑誌のコーディネートや店頭のマネキンを参考にしながら、全体のシルエットに注目してみてください。特に、カッコいいと思った着こなしは要チェック。どんなアイテムを何と合わせて、どん着方をしているか、よく見てみてください。きっと活かせるヒントがあるはずです。

たくさん服を試着し、全身鏡で見て、組み合わせを考えて……と試行錯誤をくり返すことで、きっとコツのようなものが掴めてくるはずです。さらに、自分の好みも見つかります。

人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

5

ファッション改造をする上で、ボロボロズボンは厳禁。イケてるパンツにチェンジする必 ...

-ファッション基礎知識

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.