【脱ダサ】かっこよく決めるために実践すべき3つのこと

投稿日:

スタイルが良ければ、カッコ良く決まる。

これは紛れもない事実です。ファッションセンスもあるにこしたことはありませんが、着る人が魅力的であること、これが大前提です。

「そんなこと言われなくてもわかってる」

そんな声が聞こえてきそうです。自分の体型に幻滅している人にとっては、元も子もない話に思えてしまうかもしれません。

しかし、もし自分の体型にコンプレックスがあっても、絶望する必要はありません。おしゃれは体型だけで決まるわけではないのです。

スタイルが良くないと自認する人でも、次の3つを実践すれば、服をそれなりに着こなすことができます。

ガッカリされることを承知で当たり前のことを言います。これさえ実行できれば、必ず「ダサい」を克服できます。

やるかやらないかはあなた次第です。

1.ダイエットをする

もしあなたが肥満体型であるならば、まずはダイエットを始めましょう。

がんばりたくない、今の生活習慣を変えることはしたくない、という人は「おしゃれ」のハードルが高くなりますから、覚悟してください。(「デブキャラ」でおしゃれな人もたくさんいますが、そう言った人は概してセンスが優れています。)

「ポヨンとしたお腹が好き」という人もいますが、当サイトの目的は「ダサくならないこと」。大多数の人が素敵と評価する着こなしをするためには、万人受けの体型を目指すべきです。

だらしない体が引き締まると、多くの人は「スッキリしたね」と好意的な評価をします。

くり返しになりますが、ある程度スタイルがよければ、センスが多少悪くとも、それなりにカッコよく決まります。可能な限り「ファッション業界が定める標準体型」に近づくことは重要なポイントです。

2.筋トレをする

ダイエットと同時進行が望ましいですが、頑張りすぎると疲れてしまうので、できる範囲で。

最初は、腹筋5回レベルでOKです。内容よりも毎日続けることが重要。「やらないと気持ち悪い」というレベルまで続けることができれば、勝ったも同然です。

筋肉がつくと、体のラインが美しくなります。身長を努力で変えることはできませんが、筋肉は努力次第で美しく変化します。

また、筋トレは自分の頑張りがそのまま体に反映されるので、自信につながります。ランニングやウォーキングで体力づくりをするのもメンタル強化を期待できるので、おすすめです。

自分の体形と似ている有名人の写真を掲げると、ゴールが明確になります。

小さな目標を設定して、コツコツ行動を積み重ねていきましょう。

3.よい姿勢を心がける

どれほど努力を重ねても、体質的に痩せにくい人もいるでしょう。ならば、姿勢を美しく保ちましょう。背筋を伸ばして、堂々とした立ち居振る舞いで颯爽と歩けば、人は素敵に映るものです。

・立ち方
・座り方
・歩き方

まずは、普段自分がどんな姿勢で過ごしているか、ちょっと意識を向けてみるだけでも違います。

そして、気がついたときに胸を張ってみる、顎を軽く引いてみる、視線を上げてみる。

ほんの些細な仕草を変えるだけでも、雰囲気は変わります。

ぜひ意識してみてください。

人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

冬は何着ればいいの?メンズファッション 5

「冬はどんな服を着ればいいの?」 「アウターはどれがおすすめ?」 そんな男性に向 ...

-ファッション初心者向け

おすすめ記事と広告

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.