ダサいを回避!女子に不評なNGメンズファッション集

更新日:

河村友歌(ゆかちぃ)

モテたいのであれば、女性の視点を無視することはできません。

いくら本人が「カッコいいだろ?」と思っていても、客観的にそのファッションがダサければ、痛々しいばかりで目も当てられません。

「ダサい」と笑われないために、まずは回避すべきファッションアイテムをチェックしておきましょう。

ここに挙げたアイテムを避ければ、ダサ男になる可能性はグッと低くなります。
 

問答無用でNG!女子が生理的に受けつけないアイテム

不評アイテムとして聞かれることが多いものを挙げます。

タンクトップ

タンクトップ

タンクトップ1枚はダメです。筋肉ムキムキ、男らしさを表現するアイテムとして好んで着る人もいるかもしれませんが、女性には不評。わき毛ボーボーもよろしくありません。

夏のアウトドアやスポーツならともかく、街着としては不適切です。必ず上に羽織を着ましょう。インナーとして着る分にはOKです。

とんがり靴

尖った靴

女子ウケ最悪。つま先が反り返ったとんがり靴は、多くの女性がドン引きアイテムとして挙げるものです。

理由として「ホスト」「ナルシスト」などの言葉が散見されます。もちろん、こういうスタイルが好きな女性もいるでしょうし、ホストやナルシストも否定されるようなものではありません。ただ、フツーの人がこういったアイテムを身につけると違和感がすごい。一般受けするスタイルではありませんので、ダサいと言われないファッションをお求めの男性は避けましょう。

脱ダサを目指す男性が誤って進んでしまうことがあるので、要注意。

裏地チェック

折り返し部分がチェックの服

シャツの袖や襟、ズボンの裾の折り返しがチェック柄になっているアイテムも回避しましょう。メンズからも嘲笑の的になることが多いデザインです。子供っぽさが出てしまうので、よろしくありません。

柄が入ることで、他のアイテムと合わせにくくなるのもマイナスポイント。切り替えのないシンプルなものを選びましょう。

金属装飾が激しいヴィジュアル系

ヴィジュアル系Tシャツ

ジッパーや安全ピンがついていたり、紐で縛る編み込みデザインになっていたり、デコラティブなアイテム。黒をベースに赤のアクセントが入ったデザインが多い印象です。

一瞬で「あっ…(察し)」となる人が多いと予想されます。普通を求めるのであれば、買わないように。

シルバーアクセじゃらじゃら

アクセじゃらじゃら

アクセサリーをじゃらじゃらつけている人も敬遠されがちです。ロックスターや芸能人ならともかく、一般人が十字架やドクロのネックレスを多数つけているとキツイです。大きなピアスも痛々しくなることが大半。何でもかんでもつければいいというものではありません。

ごついウォレットチェーン

ウォレットチェーン

男性には人気のあるアイテムです。実用性もあります。が、これもやはり、バランスを間違えるとダサダサの危険性アリ。さらに、カッコつけな印象を与えるためか、女子ウケもよろしくありません。

ジーンズに大きめチェーンをぶら下げる流行もあったように思いますが、今はあまり好まれないようです。大きめチェーンネックレスも然り。無難にいくなら、避けましょう。

短すぎる短パン

短パン
ここ数年トレンドの膝上ショートパンツ。ファッションスナップに登場するファッションマニアの皆様が愛用しておられるようですが、一般男性が着ると怪我します。

女性からも不評とされることが多いアイテムです。タンクトップ同様、すね毛ボーボーは敬遠されます。

英字プリントTシャツ

英字Tシャツ
英語のメッセージが長々と書き連ねられた服は高確率であれです。ビジュアル系アイテムに多い独特のフォントも爽やかモテスタイルからは程遠い。

英字プリントが一概にダメというわけではありませんが、主張のあるデザインは好まれません。

原則として、英字が全面にプリントされた服は避けましょう。クセがすごくなります。

ウケ狙いのおもしろTシャツ

ネタ系Tシャツ

こちらも同様です。ネタ系アイテムは、人柄やセンスありきのもの。普通の人がやるとダダ滑りで痛々しいだけです。

中にはウケ狙いではなく、カッコいいと思って選んだ英字プリントが実はとんでもない意味でした、という人もいます。無自覚です。陰で笑われているかもしれません。

エロ系プリントも引かれがちなので、やめておきましょう。

重ね着風Tシャツ

重ね着風Tシャツ

一時期、大流行しました。その名残でしょうか、1枚なんだけど重ね着風になってるよTシャツを量販店で見かけます。

お母さんチョイスな印象です。一発でダサくなる可能性が高いので、やめておきましょう。

裾をヒモで絞れるようになっているカジュアルズボン

子供っぽいズボン
小学生のときに履いたようなカジュアルな膝下パンツ。大きなポケットがついていたり、裾にヒモが通してあって、キュッと絞れるようになっているデザインです。カーゴパンツとは似て非なるものです。子供っぽいのでやめましょう。

ごついバックルのベルト

ベルト

高級ブランドのロゴがバックルになっているベルト。厳しいですね。主張が強く、スマートな印象は与えません。ダサいというより、あまり好感度は高くないよ、といったところ。

とってもスポーティなスニーカー

スニーカー

とってもスポーティと言うのは、ウォーキングシューズコーナーにありそうな靴のことです。小学生に大人気のカッチョいいデザイン。体育の先生が履いてそうなゴツい運動靴。あるいは、年配の方が履いていそうな一見シンプルなシューズ。どうでしょう、伝わりますかね?

最近は、ニューバランスのようなハイテク系スニーカーが流行しておりまして、それとどう違うのかと言われると、非常に説明が難しい。ダサい靴をおしゃれに履きこなすのがイケてる、みたいな事例もあります。

このあたりの違いがさっぱりわからない人は、ゴッツゴツのスニーカーは避けましょう。柄物、派手色も合わせるのが難しいので回避。

和柄アレンジ

和柄ハンチング

ジーンズやシャツ、小物の一部に和柄を組み合わせたもの、見たことありませんか?

これは難しい。ダサいと評することはできませんが、よっぽど上手に使わないとダサくなります。手を出さないのが安全です。というより合わせにくいからダメです。

ぐっさんとかが素敵に着こなしそうなイメージはありますが。
 

女子が苦手な着こなし

胸元をやたら露出

胸元をやたら露出
タンクトップが苦手な女子が多いように、胸元露出は好まれません。ナルシストっぽい感じがマイナスポイント。

セクシー&ワイルドでお洒落に着こなせるのはハリウッドセレブくらいです。

毛むくじゃらが苦手な女性も多いので、ヘアーが潤沢な人は主張しすぎないよう気をつけてください。

ピチピチの着こなし

ピチピチTシャツ・カットソー
がたいのいい男性が小さめサイズのTシャツを着ると、どうしてもピチピチになりがちです。身体の線が出てしまっているものは、生理的にムリという女性が多数。生々しいのはいただけません。

中肉中背の人のカットソーも要注意。肌着のようなピタピタ感が出てしまうとカッコよくありません。長袖のピチピチカットソー1枚はかなり厳しいです。特に白。ほどよいゆとりを持たせたサイズを選びましょう。

だらしのない腰パン

腰パン
パンツが見えてしまうほどズリ下げた履き方はNG。ワイルドでカッコいいと思う男性は一定数いるようですが、女子目線では好まれません。だらしない印象は嫌われてしまいます。すっきりと履きこなしましょう。
 

ダメじゃないけど避けた方が無難なコーデ

ダサくなる危険性が高いものは避けましょう。

柄×柄

 縦縞・横縞

柄同士を合わせるのは難しいです。初心者には危険。取り入れるときは、1点だけ。そうすれば、おかしなことにはなりません。

柄物は一点投入

はじめは無地から始めましょう。主張の強い柄は合わせる服が限られます。

原色×原色

派手カラーの組み合わせもNG。

クリスマス(赤×緑)やハロウィン(オレンジ×紫)やタイガースカラー(黄×黒)などを思い出していただければ、その主張の強さがわかるはずです。

派手色×派手色

色合わせは、モノトーンコーデに1色プラスするのが基本です。

無彩色+ジーンズカラー

着回し(白シャツ)

まずは無難なターコイズから。

ワントーンコーデ

ワントーンコーデ

よくあるのが全身黒い服。ワントーンコーデ自体はダサいコーディネートではありません。しかし、慣れないうちにやると、上手に合わせられませんでした感が出てしまいます。濃い色と薄い色を組み合わせるのがベターです。

ストール

ストール

ちょっと巻くだけでオシャレになれるアイテムです。が、上手にやらないと失敗します。慣れないうちは、下手なことをしない方がいいでしょう。

プロデューサー巻き(カーディガン肩掛け)

プロデューサー巻き
バブル全盛期、テレビ局のプロデューサーが好んで着ていたといわれるスタイル。石田純一さんを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。

ダサいと言われる流れを経て、数年前から再び流行し出しました。男女ともに、街中カーディガン肩掛けだらけ。

と思ったら、今はまた少しずつ「ダサい」の方向に向かっているようです。下手なことはしない方がいいでしょう。

襟立て

ポロシャツの襟立て
ダメってことはありませんが、女子ウケはあまりよろしくありません。少なくともポロシャツの襟立ては避けましょう。

初心者がやると頑張ってる感が出て痛々しいので、普通に着ておくのがベターです。
 

【まとめ】シンプル・イズ・ベスト!

流行とは関係なく、いつの時代も「素敵だね」「カッコいいね」と言われるスタイルはあります。その対極にあるのが、ここに挙げた「これはちょっと……」なアイテム。これらを避けることで、「だせぇ」と笑われる事態は避けられます。

中には、おしゃれな人が着ればカッコよくきまるものもあります。しかし、初心者はリスクを徹底的に回避すべきです。変に冒険するより、シンプルなコーディネートの方が女子ウケは断然いいです。

ダサファッションは無自覚のまま生じることが多いので、いつもの服装がNGポイントに当てはまっていないかチェックしてみてください。

高い服やブランド物を買わなくても、モテコーデは作れます。

頑張りすぎず、自然体で、好感度の高いオシャレを目指しましょう!
 

目指せ脱ダサ!オシャレになる方法はこちらから

合わせ方がわからない?初心者向きメンズ基本服と組み合わせパターン

【実例】メンズファッションの色の組み合わせ方
 

オシャレな服はどこにある?項目別おすすめショップ

>>総合力・バランスで選ぶ

>>デザイン力で選ぶ

>>安さで選ぶ

>>手っ取り早く服を揃えたい!

>>初心者でもわかりやすいのは?

>>大きめサイズを買うなら?

nonhen(336×280)




nonhen(336×280)




人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

5

黒スキニーパンツは、使い勝手良し、女子ウケ良しの万能アイテム。 【とりあえずこれ ...

-ファッション初心者向け

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.