この組み合わせ大丈夫?迷ったときの7つのチェック項目【メンズコーデ】

更新日:

帽子を被った男の子

アイテムを自分なりに合わせてみたものの、「これで大丈夫なのかな……?」と不安になったことはありませんか?

おしゃれな服とそうでない服の違いがわからない人にとっては、この判断基準はかなり曖昧なものに感じられるのではないかと思います。

基本的には、定番のコーディネートをそのままマネすれば、失敗することはありません。

もちろん体型や全体の雰囲気は一人ひとり違うので、その人の魅力を最大限引き出すオシャレを楽しみたいのなら話は別。

そうではなく、「ダサくなければいい」「無難なファッションでいい」という人は、オススメされたアイテムを着ていれば、そこまで心配しなくて大丈夫です。

もし組み合わせが合っているのか迷ったときは、次の7つのチェックポイントを確認してみてください。

コーデに自信がないときの7つのチェック項目

1.サイズは合っていますか?

サイズ感は大事です。鏡で全身をチェックしてみましょう。

だぶだぶな部分はありませんか?
パツパツな部分はありませんか?
裾や袖が長すぎたり短すぎたりしていませんか?

初心者にありがちなのは、大きめサイズを選んでしまうこと。ジャストサイズは意外と身体にフィットします。雑誌やスナップモデルの着こなしと見比べてみましょう。

ジャストサイズがおしゃれを制す!サイズの測り方・選び方

2.汚れや破れ、シワはありませんか?

清潔感も重要です。

上着やシャツにアイロンをかけて、ヨレヨレしわしわを取ってあげるだけで、きちんと感が出ます。

パンツの裾が擦り切れてぞろぞろになっているのもよろしくありません。ダメージジーンズはおしゃれですが、清潔感・モテを目指すなら避けた方が無難。上手に合わせないと、だらしのない印象になってしまいます。

ニットの毛玉も要注意。一気に生活感が出てしまいます。傷んだ服は家用にしましょう。

ボロボロ靴や泥だらけの靴もNG。「おしゃれの基本は足元から」という言葉もあります。汚れ、破れは厳禁です。

3.TPOに合った服装ですか?

厳密に定義するのは難しいのですが、その時々に合った服装をすることも大切です。

男性の場合、いわゆる「きれいめカジュアル」なら大抵のシーンで通用します。①ビジネス、②冠婚葬祭(フォーマル)、③プライベート(キレカジ)の3種類。これでOK。

・デート
・合コン
・飲み会
・旅行

これらは「きれいめカジュアル」で。

・スポーツ
・アウトドア
・バーベキュー

こちらは、動きやすさ重視で。

何のためにそれを行うのか?
具体的に何をするのか?
いつ行うのか?

これらのポイント+相手を不快にさせない装いを選ぶよう心がければ、TPOに合ったファッションができ上がるはずです。

4.色合わせはおかしくないですか?

はじめのうちは、基本ルールにのっとって色を合わせましょう。

・濃い色と薄い色を合わせる
・無彩色+彩色

初心者は、

無彩色+ジーンズ(インディゴブルー系)

この組み合わせなら、間違いありません。

【実例】メンズファッションの色の組み合わせ方

5.生地は季節に合ったものですか?

<春夏>
・淡い色合い
・薄手の生地

<秋冬>
・深い色味
・厚手の生地

季節感のあるアイテムを違う時期に着ていると、ちぐはぐになってしまいます。

ジーンズのようにオールシーズン使えるものもありますが、基本的には季節に合わせて色と生地を選びましょう。

春夏はペラペラ生地の淡い色
秋冬はモコモコ生地の濃い色

6.流行りものや色柄を取り入れすぎていませんか?

トレンドアイテムを取り入れることで、ぐっとオシャレ感がアップします。

しかし、全体のバランスを考えずに、流行りものをガンガン取り入れると、アイテム同士がケンカしてしまうことがあります。

トレンドの服は、個性的で主張の強いデザインも多いので、入れるときは一つに絞りましょう。シンプルなモノトーンコーデに1つプラスするのが簡単で、失敗しにくい合わせ方です。

7.自分のキャラクター・雰囲気に合っていますか?

シンプルな服装であれば、問題はありません。ちょっと尖ったファッションをするときには要注意。

童顔男性が妙にセクシーな服装を選んだり、大人の男性が子供っぽいファッションで固めたりしたら違和感がありますよね。

難しいことを考える必要はなくて、ギャップが大きすぎないか? ということです。

筋肉隆々のたくましいガッチリ体型の男性が中性的な服を着ていたら?
ほんわか優しい雰囲気のぽっちゃり男子がパンクロックの革ジャンファッションをしていたら?
冴えないサラリーマンがスケーターファッションやB系ファッションに着替えていたら?

これが悪いと言っているわけではありません。ただ、その人の雰囲気と違うものを身にまとうと、周囲は違和感を覚えるという話です。

年相応であることも大事な判断基準です。

さいごに

組み合わせに迷ったときのチェックポイント

  1. サイズは合っていますか?
  2. 汚れや破れ、シワはありませんか?
  3. TPOに合った服装ですか?
  4. 色合わせはおかしくないですか?
  5. 生地は季節に合ったものですか?
  6. 流行りものや色柄を取り入れすぎていませんか?
  7. 自分のキャラクタ・雰囲気に合っていますか?

以上、7つのチェックポイントすべて「OK!」と答えられた人は、かなり良い着こなしをしていると言えます。できれば、周りの人にも聞いてみるといいですね。客観的な視点は大事です。

色合わせや生地の違いはちょっとわかりにくいかもしれませんが、慣れです。数をこなしましょう。カッコいいなと思うスタイルの配色をチェックしたり、生地の雰囲気にも注目してみてください。素材の違いに関しては、たくさんのアイテムを触っているうちに感覚的にわかるようになります。

自分に合ったサイズを選び、清潔を保ち、頑張りすぎないこと。

まずはここから。

そして、不安なときは人に聞きましょう。

それが最も確実で簡単な方法です。

人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

冬は何着ればいいの?メンズファッション 5

「冬はどんな服を着ればいいの?」 「アウターはどれがおすすめ?」 そんな男性に向 ...

-着こなし・コーディネート講座

おすすめ記事と広告

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.