モテコーデの基本!初心者向け・きれいめカジュアル入門

投稿日:

「もっとオシャレになれたらな……」

そんなふうに思うことはありませんか?

ファッションへの苦手意識があると、なかなかオシャレを楽しめませんよね。いざ、洋服を選ぼうと思っても、トレンド情報が膨大で何から手をつけたらいいか迷ってしまいます。

でも、基本さえ押さえておけば、ファッションは難しくありません。どんなメンズでもオシャレになれるし、モテファッションを手に入れることも可能!

このページでは、ファッションセンスに自信がない初心者に向けて、女性に好感を持ってもらえるファッションの作り方をご紹介します。

モテたいメンズが押さえておきたい超基本のポイント、さっそくチェックしていきましょう!

モテファッションの基本とは?

「男の魅力は外見で決まるのではない、大事なのは中身だ!!」

……そうは言っても、現実はシビアなもの。人は見た目で判断します。女性が男性を選ぶときには、さらに厳しい審査が待っています。

あなたの内面を知ってもらうためには、まず女性に好印象を与えなければいけません。女性は一瞬にして「アリ」「ナシ」を判定しています。

そこからはじき出されないために抑えておくべきポイントがモテの必須条件です。

では、外見をおしゃれに見せるファッションとは一体どのようなものでしょうか?

「カジュアル」より「きれいめ」

ファッションは大きく2つに分けることができます。一つは「きれいめ」。もう一つは「カジュアル」です。

・きれいめ:フォーマル寄り、ドレス感
・カジュアル:普段着、タウンウェア

一般に「きれいめ」は、テーラードジャケットやシャツを使ったコーディネートを指します。シンプルで大人っぽいファッションです。

一方の「カジュアル」は、ラフな日常着。パーカーやジーンズ、スニーカーなど動きやすい軽装で、親しみやすいファッションです。

モテを狙うなら「カジュアル」より「きれいめ」です。

カジュアルでもオシャレな組み合わせは作れますが、初心者にはちょっと難しい。くつろぎすぎの雑な格好になったり、子供っぽさが強く出たりしてしまうことがあります。それでは当然モテません。

よって、まずは「きれいめ」をマスターすることから始めましょう。失敗を防ぐ意味でも、きれいめコーデは役立ちます。

スーツ×カジュアル=きれいめカジュアル

「きれいめ」に分類されるアイテムは、スーツのようなフォーマル寄りのものです。

・テーラードジャケット
・シャツ
・スラックス
・革靴

これらのアイテムを使えば、きれいめファッションを作れます。

ただ、すべてをフォーマル寄りのファッションで固めると、堅苦しくなってしまいます。ビジネススーツをプライベートで着る人はいないですよね。100%のきれいめコーデはそれに近い印象になってしまうわけです。

そこで登場するファッションスタイルが「きれいめカジュアル」。

くつろいだ印象のカジュアル服に、きれいめアイテムをミックスします。それだけで、バランスのとれたオシャレを体現できます。

きれいめとカジュアルの割合を半々の50%にしてもいいし、カジュアルコーデにきれいめアイテムを一つ入れるだけでもグッとオシャレになります。

組み合わせ方がよくわからない人は、とりあえず

・テーラードジャケット
・白シャツ

この2つを使っておけば大丈夫です。何にでも合わせやすく、なおかつ、シュッとした雰囲気に見せてくれる万能アイテムです。

【コーデの基本】色づかいのポイントは3つ!

きれいめカジュアルの色合わせもポイントを押さえておけば、決して難しくありません。基本のルールは以下の3つ。

1.濃い色と淡い色を合わせる

ファッションはバランスが命。濃い色と淡い色、暗い色と明るい色、それぞれが釣り合うように合わせましょう。

ダークトーン(暗い・濃い)
・・・黒、ネイビー、インディゴ(藍)

ライトトーン(明るい・淡い)
・・・白、ベージュ

この2つが偏っていないか要チェック。

グレーやブラウンも、ダーク or ライトに分類して考えてみると、組み立てやすくなります。

2.無彩色に1色プラスする

初心者でも簡単な色合わせのルールがあります。それは、

無彩色+彩色

無彩色は、黒、グレー、白。これに合わない服はありません。ここに色のついた服を合わせましょう。

絶対に間違いないのは、無彩色+ジーンズ。

無彩色+ジーンズカラー

濃いブルーでも薄いブルーでもOK。簡単にシンプルなきれいめコーデができあがります。

【実例】メンズファッションの色の組み合わせ方

3.同色の組み合わせ、原色・パステルカラーは避ける

3つめのルールは、やっちゃダメなこと。

黒一色や白一色の「ワントーンコーデ」は、初心者には難しいので避けましょう。

また、原色やパステルカラー同士の組み合わせも避けるのが無難。ポイントで使えばアクセントになってオシャレなのですが、下手に手を出すと怪我をする危険あり。デニム×デニムも同様です。

・濃い色と淡い色を合わせる
・無彩色に1色プラスする

これが基本です。

キレカジ系ファッションに欠かせない王道アイテム

それでは、きれいめカジュアルをつくる基本服について見ていきましょう。「とりあえずこれ買っとけ」的アイテムは以下の6つ。

・テーラードジャケット
・白シャツ
・無地Tシャツ
・カーディガン
・細身のパンツ

これを合わせておけば、きれいめになるし、失敗することはありません。

合わせ方がわからない?初心者向きメンズ基本服と組み合わせパターン

さらに追加するなら、

・チェックシャツ
・ボーダーTシャツ
・ジーンズ
・Pコート

このあたりが使いやすいです。

ファッション初心者向きメンズ服と組み合わせパターン【応用編】

きれいめカジュアルに合う靴

・スニーカー
・革靴(ローファー・紐靴)
・ブーツ

初心者は、コンバースのようなローテク系スニーカーを持っておけば、とりあえず大丈夫。色は黒がおすすめ。

きれいめな靴を選ぶなら、革の紐靴やローファー、サイドゴアブーツが合わせやすいアイテムです。

きれいめカジュアルに合うカバン

・トートバッグ
・リュック
・クラッチバッグ

大人っぽいきれいめカジュアルスタイルなら、レザーのトートバッグがおすすめ。キャンバス地のトートバックも人気が高く、気取らない雰囲気は初心者でも手を出しやすい。

最近はリュックのコーデも人気です。リュックと言うと、カジュアルな印象が強いアイテムですが、レザーや黒のシックなデザインなら、きれいめアイテムともマッチします。また、カジュアル寄りのキレカジファッションに、黒のバックパックを合わせる男子も急増中。

きれいめスタイルにはクラッチバッグも合いますが、初心者向けではないことや機能性を考慮すると、オススメ度は低めです。

まとめ

モテファッションをつくるポイントは、

・きれいめアイテムを使う
・濃い色×淡い色
・無彩色+彩色

このルールに従ってアイテムを選んでいけば、シンプルなきれいめコーデができ上がるはずです。

迷ったときには、定番アイテムを使ったコーデの実例をマネしましょう。「学びは真似び」、いろいろ試していくうちに、お洒落のコツがわかってきます。

人それぞれファッションの好みは違いますが、ここで紹介したコーディネートは多くの人が好感を持つものです。

ファッションで迷ったときは、ここに挙げたポイントを思い出して、「きれいめカジュアル」を作ってみてくださいね。

nonhen(336×280)




nonhen(336×280)




人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

5

黒スキニーパンツは、使い勝手良し、女子ウケ良しの万能アイテム。 【とりあえずこれ ...

-ファッション初心者向け, 系統・ジャンル別ファッション

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.