メンズファッション雑誌の上手な読み方は?

投稿日:

おしゃれの勉強をするために、勇気を出してメンズファッション誌を買ってみた。

でも、いざページを開くと、よくわからないスタイルがたくさん。何を参考にしたいいかわからない……。

そんなときチェックしたいポイントをまとめました。どんな雑誌にも応用できる読み方のコツです。

 

メンズファッション誌の上手な読み方

「掲載アイテム=正解ではない」という前提で見る

ファッション雑誌は、ブランドの広告。洋服を売るために商品を羅列したカタログと言っても差し支えありません。

もちろん、読者のための特集は素晴らしいのもたくさんありますが、どうしてもポジショントーク的になってしまうことが少なくありません。買ってもらうための戦略が散りばめられているわけです。

このことを理解した上で、紙面をチェックしてみましょう。そうすれば「何が正解なの?」という疑問がなくなります。

「正解なんてない」
「ここに載っているのは正解ではなく、企業が売りたい商品」

そう思えば、楽勝な気がしてきませんか?

流行は作られたものです。みんなが着ているからといって、必ずしも正しいとは限らない。

一方、いつもどんな時代も変わらないものがあります。それを見ればいいのです。まあそれが難しいという話ではあるのですが。

具体的には何をチェックすればいいのか? それを次に挙げましょう。

スタイル全体のバランスをチェックする

ファッションで大事なのは、全体のバランスです。

バランスの良いスタイルを作るために大事なのは、サイズとシルエット

よく「自分に合ったサイズを選びましょう」というアドバイスがありますが(このブログでも何度も書いていますが)、上手な着こなしを見れば、どんなサイズ感で着ればいいのか参考になります。

初心者向けの特集だと、NGスタイルとOKスタイルの写真を並べているものもあるので、そういうリアルな企画をチェックするのがおすすめです。

最近は、”あえて“大きくしたり小さくしたり長くしたり短くしたりと何やいろいろあって惑わされてしまいますが、そういうときは「なんじゃこりゃ?」な自分の感覚を信じて大丈夫です。よくわからんものは、流行ものの一過性である可能性が高いです。

カッコいいものは、どんなに古くても、誰が着てもカッコいい。名作映画を見るのもおすすめです。映画のスタイルをもとにしたファッションは多いので。

色の組み合わせをチェックする

色には流行がありますが、色の合わせ方には流行り廃りがありません。例えば、Webデザイン。どのようなテイストを作るにしても、必ず配色やバランスの定石があります。「黄金比」なんて言葉はよく聞きますよね。その絶対的なルールを理解すれば、おしゃれに近づけます。

ファッション誌を見るときは、「ジーンズにはこの色のトップスを合わせるといいのか」とか「この色にこの色合わせちゃって大丈夫なんだな」とか。

素材やアイテムのテイストによっても色合わせのパターンは変わってくるのですが、基本を押さえるという意味では、参考になります。

スタイリストが組むコーディネートは大体色合わせが上手。

姿勢、佇まいをチェックする

モデルにしても、芸能人にしても、アーティストにしても、何がカッコいいかって、その人の佇まいがイケてるんですよね。そこにいるだけで絵になる。存在感がすごい。

イケメンだからとか、スタイル抜群だからとかではないです。もちろん、そういう要素も大きく影響していることは間違いないのですが、「オシャレさん」として登場する人の中には、ハゲ&おデブなおっちゃんもいるわけです。

そういう人がどんなふうに服を着こなしているかチェックしましょう。姿勢や佇まい、表情も見てください。

姿勢やポーズをマネするだけでも、かなりイケてる雰囲気になることも多いです。試しに、鏡の前で猫背を治してみてください。ちょっとのことで変わりますよ。

そうした何気ない仕草の積み重ねを大切に。ナチュラルな人柄がにじみ出るような素敵な雰囲気の人は、なんかオシャレに感じるはずです。

「カッコいい」「好き」と思えるスタイルを見つける

第一印象は大事です。「いいな」と思ったスタイルは、きっとあなたの好みです。ファッション知識を得ても、自分の好きな雰囲気ってそう変わるもんじゃない。

だから、それを大切に。カッコいいなと思ったら、それをスクラップしておくのもよいです。みうらじゅん的に。ウェブで見かけたスタイルなら、スクショを撮っておきましょう。「好き」はモチベーションにつながります。

コレクションがたまったときにそれを見返すと、傾向が見えてきますよ。

何がいいかわからないときは、「イヤじゃない」ものを選びましょう。「これは絶対イヤ」なスタイルを排除する消去法で。

 

まとめ

ファッション雑誌を読むときにチェックしておきたいポイントは、

  • 「掲載アイテム=正解ではない」という前提で見る
  • スタイル全体のバランスをチェックする
  • 色の組み合わせをチェックする
  • 姿勢、佇まいをチェックする
  • 「カッコいい」「好き」と思えるスタイルを見つける

ファッション雑誌は、マニュアル書というよりは資料集です。見て何となくキレイだな~、カッコいいな~と眺めるもの。

気に入ったコーディネートがあれば、モデルが着ているスタイル丸ごと購入してもいいのですが、雑誌に掲載されている商品は大抵高い。

そういう意味でも、目の保養として使うのが良いです。

その点、FINEBOYSなどは初心者向きの企画やファストファッションブランド特集をよく組んでいるので、参考にしやすいですね。

その月の特集記事をチェックして、役立ちそうな雑誌を購入するのもアリです。

人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

冬は何着ればいいの?メンズファッション 5

「冬はどんな服を着ればいいの?」 「アウターはどれがおすすめ?」 そんな男性に向 ...

-ファッション雑誌・書籍

おすすめ記事と広告

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.