初心者向け・ステンカラーコートの選び方と着こなしのポイント

投稿日:

メンズコートの定番の一つ、「ステンカラーコート」。シンプルで大人っぽくまとまる便利なアイテムです。

「でも、ロングコートなんて自分には似合わないよ……」

そんなふうに思っていませんか? 

もしそうならもったいない。ポイントさえ押さえれば、カッコよく着こなすことができます。

「自分が着たら、ただのビジネスコートなんだけど?」

そんなお悩みもちょっとの工夫で簡単解決。

初心者がおしゃれに着こなすために押さえておくべき、選び方と着こなし方のポイント、さっそくチェックしていきましょう。

ステンカラーコートとは?

ステンカラーコートとは、後ろ襟が高く、前の襟が低いシンプルなロングコート。

四角い形をした襟、前のボタンが隠れる「比翼仕立て」のデザインが特徴です。肩の部分に斜めの切り替え線が入った「ラグランスリーブ」も特徴の一つ。

<ステンカラーコートの特徴>

  • 四角い襟
  • 比翼仕立て
  • ラグランスリーブ

ステンカラーコートは日本独自の呼び名です。ステンカラーの由来は、スタンド・アンド・フォール・カラーから来ているといわれています(諸説あり)。

正式名称はバルマカーンコート。バルマカーンは、スコットランドの地名です。スコットランドには伝統的なファッションアイテムが多数あります。

そんなオシャレ紳士が集まる英国生まれのコート。最近は、ビジネスコートとしてだけでなく、カジュアル着としても定番となっています。

裾に向かって広がる縦長シルエットがスマートで、羽織るだけで大人っぽくなります。季節の変わり目の温度調節にもぴったりです。

初心者向け・選び方のポイント

ステンカラーコートを選ぶときのポイントは3点。

・色
・サイズ
・素材

一つずつ見ていきましょう。

定番カラーはベージュ

まずは、何色を選ぶか?

定番カラーは3色。

・黒
・ベージュ
・ネイビー

この他に、よく見かけるのは、

・グレー
・ブルー
・カーキ

その他に、黄色やオレンジ、赤など、さまざまなカラーバリエーションがあります。

初心者が選ぶべき定番はズバリ、「ベージュ」。

モノトーンの服に合わせれば、それなりにきれいにまとまります。ベージュは春コートの定番です。

多くのメンズがベージュのコート着ていますから、それを真似すればOK。見本のコーディネートがたくさんあるということは、初心者にとってありがたいところです。

反対に、あまりおすすめでない色は「黒」。モノトーンを選ぶことが無難コーデの鉄則ではあるのですが、黒のステンカラーコートはうまく着こなさないと、ビジネスコート感が強く出てしまいます。

パーカーを重ね着するなどして、ラフに着ると、ちょうどいいバランスが作れます。

<おすすめ色>
・ベージュ
<難しい色>
・ブラック
・グレー

大きめサイズはNG

ダサくならない着こなしをするためには、ジャストサイズを選ぶことが重要。

ステンカラーコートは特にサイズ感が重要です。自分の体にフィットするサイズを選びましょう。

<注目ポイント>
・肩幅
・袖の太さ
・身幅

羽織ったときに、すっきりと見えるサイズ感がベストです。

大きめサイズを選んでしまうと、だぶだぶっとして野暮ったい印象になってしまいますし、生地が余るとシワができてしまいます。

前後のサイズを試着して、違いを確認してみましょう。

シャカシャカ素材より柔らか素材を

ステンカラーコートがフォーマルっぽい印象になってしまうのは、素材の雰囲気も影響しています。

ナイロンなどの化繊が多めのシャカシャカ素材は、かなりカジュアルな印象になります。

反対に、ハリ感のある素材は、きれいめの上品な印象。

初心者さんには、カジュアルすぎずフォーマルすぎないベーシックなコットンブレンドがおすすめ。綿のソフトな雰囲気は何にでも合わせやすく、頑張りすぎない柔らかな印象です。

よくわからない場合は、くしゅくしゅした素材より、シワのない素材を。

色、サイズさえ間違えなければ、おかしなことにはなりません。

ステンカラーコートを上手に着こなすコツ

初心者でも簡単にステンカラーコートを着こなすコツは2つ。超簡単です。

1. 細身の黒パンツと合わせて

わからないときは、とりあえず細身の黒パンツと合わせておけばOKです。

あとはモノトーンの服を合わせておけば、うまくまとまります。

大丈夫、それで大抵は切り抜けられます。

2. きれいめ:カジュアル=5:5

初心者が陥りがちなのは、「あれ? ビジネスコート着てるのかな?」状態。そうならないためには、他のアイテムをうまく組み合わせる必要があります。

とは言っても、そんなに難しく考えなくてOk。

きれいめとカジュアルが半々になるようにしましょう。

ステンカラーコートはきれいめアイテムです。

先に挙げた黒パンツもきれいめアイテム。

ということは、あとはカジュアルアイテムを合わせれば大体半々になりそうですね。

<使えるアイテム>
・スウェットパーカー
・ボーダーカットソー
・スニーカー

黒パンツ以外だと、濃いめのデニムパンツもよく合います。色落ちやダメージ加工をしていないノンウォッシュデニムなら上品にまとまります。

ヨレヨレぼろぼろダメージはNG

カジュアルアイテムと言っても、ヨレヨレボロボロのダメージはNGです。あくまでも、清潔感のあるカジュアル服をプラスするイメージでいきましょう。

まとめ

最後にもう一度ポイントをまとめましょう。ステンカラーコートの選び方・着こなし方のコツです。

<チェックポイント>

  • 定番カラーはベージュ
  • 大きめサイズはNG
  • シャカシャカしていない素材
<着こなしポイント>

  • とりあえず黒の細身パンツ
  • 「きれいめ」と「カジュアル」をバランス良く

スウェットパーカー、ボーダーカットソー、スニーカーなどのカジュアルアイテムを合わせて、おしゃれに着こなしましょう。

人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

冬は何着ればいいの?メンズファッション 5

「冬はどんな服を着ればいいの?」 「アウターはどれがおすすめ?」 そんな男性に向 ...

-コート

おすすめ記事と広告

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.