簡単着やせテクニック!ぽっちゃり男子をすっきり見せる7つのコツ

更新日:

太った男性

「どうせ太ってるから、何着たってムダ……」

自分の体型に自信を持てないと、ファッションへのモチベーションも上がりませんよね。

ぽっちゃり体型の人は、スリムな服をスマートに着られない現実に打ちのめされてしまった、なんて経験もあるかもしれません。

しかし、諦めるのはまだ早い!

ちょっとの工夫でボリューミーな印象を和らげることができます。

すぐに実践できる着やせテクニック、さっそく見ていきましょう!

1.縦長ラインをつくる

男性のスタイルをよく見せる服装は何だと思いますか?

正解はスーツです。カッコよくピシッと決まる服装ですよね。

Iライン・スーツ

すっきり見える「I」ライン。このシルエットを基本形として、全体のバランスを整えます。スーツをカジュアルに着崩していくイメージです。

横にボリュームが広がらないようにアイテムを組み合わせましょう。ロングアウターやストール・ベストなどの小物を使って、縦のラインを強調することもできます。

全体のバランス・縦のラインを意識

ただし、気になる部分を隠そうとするあまり、逆に太さが目立ってしまうことがあります。よくあるのが、ぽっこりお腹に大きめベルト。ギュッと締めてお腹をカバーするはずが、ベルトに視線が集まってしまい逆効果……なんてこともあります。

また、体型やその人の雰囲気に合っていない小物は、どこかぎこちない仕上がりになりがちです。

あくまでも自然に、シンプルに。全体のバランスが重要です。

2.ダークカラーで引き締める

ダークカラーで引き締め(ベージュ・黒パンツ)

黒などの暗い色は、締まって見えます。

パツパツのスリムパンツを選ぶと、太さが強調されてしまうので、適度なゆとりを持たせましょう。

おすすめはテーパードパンツ。「テーパード(Tapered)」は「次第に細くなっていく」の意味で、足首に向けて細くなるパンツです。

テーパードパンツ

テーパードパンツはここ数年のトレンドでもあり、腰周りがゆったりしているので、お腹まわりのお肉が気になる人でも取り入れやすいアイテムです。

また、暗い色を使ってコーディネートするときは、メリハリをつけるために明るい色を合わせるとバランスよくまとまります。

引き締めカラー・メリハリ

ダークカラーは締まって見えますが、ちょっと暗い印象……。一方、白シャツを着ると、爽やかな雰囲気に。

黒ジャケットやカーディガンを着たときにも、下に白い服を着ると、ダークカラーが引き立ちます。

3.Vネックでスッキリ

ネックライン(クルー、V、jハイネック)

首元が適度に開いたカットソーは、首回りをスッキリ見せてくれます。

一方、首元がつまっているデザインは、圧迫されている感じがします。

Vネックカーディガンも同様に、すっきりとした印象をつくれるアイテムです。

Vネックカーディガン

パッと羽織ることでIライン効果も期待できます。黒などのダークカラーを使えば、細く見える視覚効果もアリです。

4.縞・ボーダーをうまく使う

ボーダー柄は太って見えるとよく言いますが、必ずしもそうではありません。うまく組み合わせて使えば、膨張色の服よりパチッと締まって見えます。

膨張色とボーダー

ジャケットやカーディガンと組み合わせて着るとイイ感じ。定番の合わせですよね。

太めのボーダーはカジュアルな雰囲気、細めのボーダーは大人っぽい雰囲気になります。

太めボーダー・細めボーダー

5.小物を使って目線を散らす

帽子やマフラーなどの小物を使って、目くらまし効果を狙いましょう。

小物を使って目くらまし

色の効果も利用して、太い部分を目立たせないようにアイテムを配置します。

帽子やアクセントとなる色に視線を集中させることで、気になる部分をカバーします。

6.肉がつきにくい「3首」を出す

「3首(首・手首・足首)」を見せることで、スッキリ見せるテクニックがあります。

3首(首・手首・足首)を見せる

ぽっちゃりさんでも、これらの部位はお肉がつきにくいので、細い部分をうまく見せることで、全体にメリハリをつけることができます。

7.「布、余ってますよ」感を演出

パッツパツのサイズは、どんなアイテムであれ、ボリューム感があることを示してしまいます。

太い部分をさりげなくカバーしつつ、ゆとりを取り入れつつ、細い部分を見せる。メリハリをつくることが大事です。

よって、すべて大きめサイズを選ぶのはNG。ダボダボ・ズルズルはだらしない印象を与えます。丈が長いものもボリュームが強調されます。

「ほどほど」のサイズを選びましょう。

こればかりは、いろいろな服を試着しまくって、自分に合ったものを探すしかないですね……。頑張りましょう。

ぽっちゃり男子必見のファッション雑誌

『BOO 2nd』


別冊2nd BOO 2nd(ブー セカンド) (エイムック 3409 別冊2nd Vol.)

「大きな貴方のためのカジュアルファッション指南書」

体型を活かしたカッコいい着こなしを提案しています。

『Mr.Babe』


Mr.Babe Magazine VOL.01 (別冊グッズプレス)

ぽっちゃり男子(ポチャメン)向けのファッション&ライフスタイルマガジン。

「スリムじゃなきゃオシャレできない」と自分を卑下しているのなら、それはもったいない。

『Mr.Babe』では、太っている男性だからこそできるオシャレが提案されています。

『RUDO』


RUDO Leather vol.01―男心を刺激する“今季レザーのすべて”がここに!

がっちり&ぽっちゃりさん向けの雑誌ではありませんが、ケンコバさんの着こなしは参考になる部分があるのではないでしょうか。

男らしく武骨なファションを提案する『RUDO』。度々表紙を飾るケンドーコバヤシさんに注目です。

まとめ

シルエットや色・柄の組み合わせによって、見え方は変化します。

目の錯覚を利用しつつ、全体のバランスを整えれば、ぽっちゃり体型でもおしゃれな着こなしが可能です。

太め体型はネガティブに捉えられがちですが、「クマさんみたいな体」と称して肯定してくれる女子もいます。ワガママボディは、必ずしもマイナス要素とは限らないということです。

最後に、忘れてはいけないことを一つ。テクニック以外で重要なのは、清潔感です。

身だしなみが整っていない不潔な人やだらしない人は、どんなに高級なアイテムを選んでも残念な仕上がりになってしまいます。

諦める前にできることはたくさんあります。

卑屈にならず、前向きに、自分に合ったスタイルを探していきましょう!

nonhen(336×280)




nonhen(336×280)




人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

5

黒スキニーパンツは、使い勝手良し、女子ウケ良しの万能アイテム。 【とりあえずこれ ...

-着こなし・コーディネート講座

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.