痩せ型メンズが避けるべき服・貧弱ガリガリ感を強調するNGコーデ

更新日:

筋肉質・ぽっちゃり・標準・ほっそり

痩せ型の体をコンプレックスに感じていませんか?

女性は華奢なスタイルが理想とされますが、男性の場合、細身を通り越した痩せ型は、貧弱な弱々しい印象を与えてしまうことがあります。

細さを服でカバーすることはできますし、今どきのおしゃれを楽しむには細身の男性が有利。

しかし、選び方を間違えると、ガリガリ感を強調してしまいます。

そんな失敗をしないために、痩せ型メンズが避けるべきNGコーデをまとめました。

さっそくチェックしていきましょう!

ガリガリの骨っぽさを強調するNGコーデ

体のラインを強調する服

体のラインを強調する服

薄手の生地や伸縮性のある生地は、体にフィットしてラインが出やすいです。使うなら、一枚で着るのではなく、アウターの下に重ねるインナーとして。

しっかりとした張りのある生地や厚手の生地を選ぶようにすると、骨っぽいラインを自然にカバーすることができます。

大きめサイズの服

細さを隠そうとして、オーバーサイズの服を選ぶのもNG。

オーバーサイズTシャツ

布が余ってぶかぶかしていると、ますます腕が細く見えませんか?

大きすぎず、小さすぎない、ほどほどのサイズを選びましょう。

ダークカラーの服

膨張色・収縮色

黒、紺、藍などの暗い色は「収縮色」と呼ばれ、実際の大きさよりも締まった印象に見せます。痩せ型の人が使うと、ますます細さを強調してしまいます。

細さを和らげたいなら、全身ダークカラーはNG。明るい色と組み合わせて使いましょう。

※上記のイラストは、服・体・吹き出し、すべて同じ大きさ。色を変えただけです。左の膨張色は大きく見えますよね。

丈の短いパンツ

ショートパンツ

足が細い人は、ショートパンツやハーフパンツはNG。ガリガリ感が丸見えです。幅が広いパンツは、ますます細さを強調します。

足は見せずに、大きすぎず小さすぎないパンツを選ぶのが吉。

Vネックやスクエアネック

ネックライン(V・スクエア・クルー)

首回りをすっきり見せるVネックやスクエアネック。角のあるデザインがシャープな印象を演出してくれます。

しかし、骨ばった印象が強い人は、ますますガリガリ感を強調してしまいます。

細さを和らげたい人は、首元が深すぎないクルーネックがおすすめです。

ボリュームアウター+黒スキニー

ボリュームアウター+スキニー

スタジャンやダウンジャケットにスキニーパンツを合わせると、足元が頼りない印象になってしまいます。

さらに、黒やダークカラーのパンツをはくと、ガリガリ感がより顕著。上半身のがっちりシルエットから、細い足が二本ひょろりと出ているのは、バランスが良くありません。

あまり上下の差が出すぎないように、ほどほどのサイズ感でバランスを取りましょう。

まとめ

痩せ型は、体型カバーがしやすいスタイルです。ほっそりした男性が好きな女性も多いので、細さをうまく活かせば、モテファッションも可能。

まずは、筋トレをして細マッチョを目指しましょう。細マッチョは女子の大好物です。

色や柄、シルエットをうまく使って、弱々しい印象をカバーしつつ、おしゃれな着こなしを楽しんでいきましょう!

人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

冬は何着ればいいの?メンズファッション 5

「冬はどんな服を着ればいいの?」 「アウターはどれがおすすめ?」 そんな男性に向 ...

-細身・痩せ型

おすすめ記事と広告

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.