細すぎる足をカバーするには?痩せ型メンズのパンツ選びのコツ

投稿日:

「足が細くて何を着ても貧弱に見えてしまう」
「自分に合うパンツが見つからない」

そんな悩みを抱えていませんか?

痩せ型の男性は、たくさん食べても太りにくく、体を大きくするのが難しいようです。

スレンダーと言えば聞こえはいいものの、実際には筋肉がないと貧弱に見えてしまいます。

しかし、ちょっとの工夫でガリガリの骨っぽさをカバーすることができます。

今回は、痩せ型男性の細すぎる足をうまくカバーする着こなしのコツを見ていきましょう。

細すぎる足をカバーする3つのコツ

1. 長さよりは太さ・幅を優先

痩せ型体型の人は、なかなか自分にぴったり合うサイズを見つけるのが難しいようです。

スーツはサイズ展開が多いので、体型に合った服を探しやすいのですが、カジュアル服の量販店では限られたサイズから選ばなければいけません。

身長が高い人の場合、背丈に合わせてLサイズを買うと、胴回りやウエストがぶかぶか。だからといってMサイズは、丈がつんつん。さあ、どちらを選んだらいいのでしょうか?

細い体を強調しないためには、太さを優先するのがベターです。丈が短いのも気になりますが、そのために胴回りやウエストがぶかぶかだと、服に着られている印象になってしまいます。

最近のパンツは、できるだけ多くの人に対応できるよう、股下が長めに作られています。なので、まずはウエストやお尻のサイズを合わせてから。ウエストが太すぎると、腰周りにシワが寄って美しくありません。

どうしてもズボンの裾が短いときは、ロールアップしてハイカットシューズに合わせる手もあります。カジュアル服ならアレンジできるので多少短くてもよしとしましょう。

一般的に、手足が長いことはプラスのポイントとして捉えられます。どちらを選べばいいか迷ったときは、ウエスト(上着の場合は胸囲や胴囲のサイズ)を優先するのがおすすめです。

2. ほどよいゆとりのパンツを選ぶ

自然な着こなしをするなら、ジャストサイズを選ぶのがベストですが、どうしてもガリガリな足をカバーしたい人は、ゆとりのあるパンツで隠すのも一つです。

ボリュームのある服でコーディネートしたいときは、Aラインがおすすめ。Yラインより足の細さは目立ちません。

Aラインシルエット

Yライン(Vライン)シルエット

Aラインはトップスはコンパクトにまとめ、ボトムスにボリュームを出す合わせ方。Yラインはトップスにボリュームをもってきて、ボトムスはコンパクトにまとめたシルエットです。

例えば、上半身にダウンジャケットを着て、下にスキニーパンツをはくと、足の細さが際立ちます。

それよりは、上はコンパクトにして、下にボリュームをもたせる。足元に重心をもってくることで、細く頼りない印象も和らぎます。どっしりした安定感が出ますよね。細い体型を考慮すると、YラインよりAラインの方がバランスは取りやすいわけです。

ただし、デザインによってはガリガリ感を強調してしまうので、ワイドパンツを合わせるときは注意が必要です。あからさまにパンツがスカスカになっていると、どうしても太さは出せません。やりすぎは禁物。

ある程度筋肉をつけると、そういった弱々しさはなくなります。

3. スキニーパンツでモデルのように

これまでの話と矛盾するようですが、足が細い人だからこそ着こなせるのがスキニ―パンツです。

スキニー(skinny)は「ほっそりとした、痩せている」を意味します。また、骨・皮の意味もあり、皮膚のように体にぴったりフィットしているシルエットが「スキニ―パンツ」です。

太っている人がはくと、ぴちぴちに生地が伸びてしまいますが、細身の人ならスラリとカッコよく着こなせます。小柄な人でも、線が細ければ長く見えるので、バランス的にはばっちりです。

Iラインシルエット(ピーコート)

こんなふうに上半身と下半身のサイズ感を同じくらいにすると、違和感なくまとまります。

どうしても細さが気になる人は、筋肉をつけましょう。ほどよい筋肉のある足は、細くても美しい。例えば、マラソン選手はかなり細いですが、しっかり筋肉がついているので弱々しい印象はないですよね。

ラインを隠さず、カッコよく見せる。モデルのような着こなしにチャレンジするのもアリです。

まとめ

細すぎる足をカバーするポイントは、

・長さよりは腰周りを優先
・ほどよいゆとりのパンツを選ぶ
・スキニ―パンツでモデルのように

これらのポイントに共通するのは、サイズ感。

大きすぎず小さすぎないジャストサイズを見極めることができるか?

ここが勝負の分かれ目です。こればかりは数をこなしていくしかありません。周りの人や街行く人を観察してみると、どんなサイズ感がおしゃれに見えるか、OKポイント・NGポイントが見えてきます。

コンプレックを隠そうとしてやりすぎにならないように。大丈夫、体の細さであなたの魅力が変わるわけではありません。

人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

5

ファッション改造をする上で、ボロボロズボンは厳禁。イケてるパンツにチェンジする必 ...

-細身・痩せ型

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.