肩幅が広い男性に似合う服は?体型カバー術&避けた方がいい服

更新日:

いかり肩・肩幅が広い

「肩幅が広くて、うまくバランスが取れない……」

そんな悩みを抱えていませんか?

男性の場合、肩幅の広さは男らしさを印象付けるので、好意的に受け取られることが多いですが、一般サイズより大きいと、なかなか全体のバランスがうまく決まらないこともあるかもしれません。

そんなときは、肩幅を強調しないアイテムを合わせることで、コーディネートをまとめることができます。反対に、肩幅を広く見せてしまうアイテムもありますので、あわせてチェックしていきましょう!
 

肩幅の広さをカバーする服

襟ぐりの大きいデザイン

肩幅が広い人は、首元がつまったものより、広く開いたデザインがおすすめです。

襟ぐりの大きいデザイン

肩幅が大きいということは、上半身の面積が大きいということ。首元を多めに出すことで、肩幅における首回りの比率を大きく見せます。そうすることで、肩幅の広さを和らげる作戦です。

ジャケット

肩幅がしっかりしている人は、ジャケットが似合います。

ジャケット(いかり肩・なで肩)

「ジャケットは肩で着る」という言葉もあるように、肩がしっかりしていると、ジャケットがピタッと合って、生地がキレイに落ちます。生地に余計なしわやよれがないと、シルエットが美しくなります。

ダークカラーのアウターをON

肩幅の広さをおさえるために、ダークカラーのジャケットなどを重ねましょう。

ダークカラーをON

黒や紺、藍などの濃い色は、収縮色と呼ばれ、全体を締まった印象に見せてくれます。

白いシャツにダークカラーのアウターを着れば、肩のあたりのボリュームが目立たなくなります。

ゆとりのあるボトムスでバランスをとる

全体のバランス

肩幅が大きく、それ以外が小さい人は、足元が小さな印象になります。さらに、細身のパンツを穿くことで、ますます肩が強調されてしまいます。

バランスを取るためには、ゆとりのあるデザインのズボンを合わせましょう。そうすることで、安定感のあるスタイルになります。

袖山が首元に近いデザイン

袖山が首元に近いデザイン

袖の切り替えラインが首に近いものを選ぶことで、幅を狭く見せる方法です。

肩より幅の狭いベストを重ねて、肩の広さを和らげるテクニックも使われます。

袖山・ベスト

ベストのシルエットに視線が集まるので、肩の幅が目立ちにくくなりますね。

ただし、サイズがきついと、無理に着ている印象を与えてしまいますので、サイズ感に注意して選びましょう。

ラグラン袖

ラグラン袖は、襟ぐりから袖下(脇の部分)に切り替えが入って、肩と一続きになっている袖のことです。肩のラインが明確でなくなるので、広さをカバーすることができます。

ラグラン袖

ただ、ラグラン袖なら何でもOKというわけではありません。

次の写真を見てください。

ラグラン袖・背景になじむ色

袖が赤や白の服(左・真ん中)は、肩が目立っていますよね。一方、袖がグレーの服(右)は、袖部分が背景になじんで、肩のラインが目立ちません。

このように、肩の広さをカバーしたいときには、色選びが重要です。基本的には、袖部分がダークカラーのラグランTシャツがおすすめ。場所によって見え方は変わりますが、派手色を使うよりは目立ちにくくなります。

また、メンズファッションではあまり見かけませんが、ドルマンスリーブも同じような効果を期待できます。

つば広の帽子

つば広ハット

つばの広い帽子をかぶることで、相対的に肩幅の広さを感じさせない方法です。
 

肩幅の広さ・逆三角を強調する服

タートルネック

タートルネック

首元がしまった服は、肩幅の面積をより大きく見せてしまいます。圧迫感も出てしまうので、ある程度あきが合った方がスッキリ見えます。

ボートネック

ボートネック

ボートネックは、船(ボート)の底のように広く浅いカーブを描いた襟ぐりのことです。あきの分量が浅いので、首回りの露出が少なくなります。首回りは広く開いていても、ラインが浅く、鋭角になってしまうので、肩のボリュームが目立ちやすくなります。

体にフィットする素材

薄手のカットソー

薄手のカットソーのような服は、首回りや肩にフィットして体のラインを見せてしまいます。1枚で着るのではなく、インナーとして使うようにしましょう。

柔らかくフィットする素材ではなく、硬さや張りのあるシャツやジャケットがおすすめ。

硬さ・張りのある素材

できるだけ肩を強調しない服を選びましょう。

膨張色(白などの淡い色)

上半身に白や淡い色を合わせると、より肩幅が広く見えてしまいます。

膨張色と収縮色
肩幅の広さをカバーするなら、上半身は暗めの収縮色、ボトムスに明るい色を持ってくるとバランスがとれます。

シャツの上にダークカラーのジャケットやカーディガンを羽織ったり、バイカラー(2色を組み合わせてコントラストをつけたもの)デザインを組み合わせることで、肩の広さをごまかすこともできます。

膨張色と収縮色

大きく見せたいところは明るい色を、コンパクトに見せたいところは暗い色を合わせましょう。

肩パッドが入っている服

肩パットが入ったデザインの服は、肩幅の広さを強調します。

肩パッド

最近のトレンド服ではほとんど使われていませんし、スーツの肩パットもかなり薄くなりました。

フォーマルウエアでは、しっかりした肩のデザインもありますので、ジャケットを合わせるときは、鏡で肩のラインをチェックしましょう。

また、肩に視線が集まるようなデザイン服も避けましょう。
 

肩幅が広い芸能人・俳優の磯村勇斗さんに学ぶ!

気になる体型をどう活かせばいいか迷ったときは、芸能人のスタイルを参考にしましょう。

肩幅の広い男性芸能人で今注目したいのは、俳優の磯村勇斗さん。

薄着をしているとき、かなり肩幅の広さが目立ちます。(↓写真右・白シャツを着ている男性)

https://www.instagram.com/p/BZqAr2rhUlk/?hl=ja&taken-by=hayato_isomura

シャツの肩部分に注目。ハンガーにかけたときのようです。

次にこちらのスタイル。

ベストを着ると、少し印象が変わります。

最後にもう一つ。

https://www.instagram.com/p/BiCa1hGnq7D/?taken-by=hayato_isomura

スーツはバシッとカッコよく決まりますね!

他に肩幅の広い芸能人を見つけたら、追記していきたいと思います。

 

まとめ

肩幅の広さをカバーする服は、

・襟ぐりの大きいデザイン
・ジャケット
・ダークカラーのアウターをON
・ゆとりのあるボトムスでバランスをとる
・袖山が首元に近いデザイン
・ラグランスリーブ
・つば広の帽子

肩幅の広さを強調する服は、

・タートルネック
・ボートネック
・体にフィットする素材
・膨張色
・肩パッドが入っている服

肩を目立たせないためには、首元を見せ、暗い色を使う。これなら今すぐ簡単に体型カバーを実践できそうですね。

肩幅の広い男性は、逆三角の男らしい体型と言えます。このスタイルに憧れる男性も多く、肩にボリュームのあるデザインや膨張色をもってきて、肩幅を広く見せるコーディネートする男性もいるくらいです。

トレンドの細身コーデは合う服が見つかりにくいかもしれませんが、流行にこだわらず、その魅力を引き立てるコーディネートを見つけてみてくださいね。
 

オシャレな服はどこにある?項目別おすすめショップ

>>総合力・バランスで選ぶ

>>デザイン力で選ぶ

>>安さで選ぶ

>>手っ取り早く服を揃えたい!

>>初心者でもわかりやすいのは?

>>大きめサイズを買うなら?

目指せ脱ダサ!オシャレになる方法はこちらから

合わせ方がわからない?初心者向きメンズ基本服と組み合わせパターン

【実例】メンズファッションの色の組み合わせ方

nonhen(336×280)




nonhen(336×280)




人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

この夏なに着る? 5

「ダサくない男の夏服はどんなの?」 「今着てるTシャツって大丈夫なの?」 そんな ...

-お悩み別ファッションコーデ

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.