【メンズ初心者向け】デニム・ダンガリーシャツの選び方と着こなしのコツ

投稿日:

カジュアルシャツの定番、デニムシャツ。羽織っても良し、ボタンを留めて着ても良し、着回しが効く便利なアイテムです。

ただ、デニム素材はラフな印象が強いため、うまく組み合わせないと、おしゃれ感が半減してしまいます。

そこで今回は、初心者でもカッコよく着こなせるデニムシャツの選び方とコーディネートのコツをご紹介します。

デニムシャツ?ダンガリーシャツ?

デニムシャツとは、その名の通り、デニム生地でできたシャツのこと。

似たようなアイテムにダンガリーシャツがあります。

デニムとダンガリーの違いは織り方です。デニムは綾織り、ダンガリーは平織り。ダンガリーは軽く柔らかな素材感です。

薄いデニムをダンガリーと呼んだり、似たような素材をざっくり「デニム」と呼ぶこともあるので、呼び方にはそれほどこだわらなくて大丈夫です。だいたい似たようなものだと思っておけばOK。

ここではデニムシャツの呼び名で統一します。

初心者向け・選び方のポイント

デニムシャツを初めて買うときのポイントは、次の3つです。

肩幅を合わせる

ラフ(粗野)な印象が出やすいデニム素材は、きれいめなシルエットを選ぶのがポイント。

あえて大きめサイズを合わせる着こなしもありますが、失敗しやすいので初心者は避けましょう。

合わせる目安は、肩幅。肩の縫い目が肩幅に合っているか、少し内側に入っているくらいのサイズを選びましょう。

肩の縫い目が落ちている(大きすぎる)と、ルーズなシルエットになってしまいます。

さらに、大きめサイズのデニムシャツは身頃や袖幅も広くなりがち。特に袖幅が広いものは、野暮ったい印象になりやすいので、全体のバランスを見ながら、体にほどよくフィットするサイズを選びましょう。フィットと言っても、当然ピチピチはNGですよ。

着丈はベルトが隠れるくらい

難しいことを何も考えずに、それっぽく着こなすには、着丈の長さもチェックしておきたいポイントです。

おすすめの長さは、ベルトが隠れるくらい~お尻が半分隠れるくらいの着丈。

お尻がすっぽり隠れてしまう長さだと、ズドンとして野暮ったくなります。

長すぎない着丈なら、前を開けて羽織ってもいいし、ボタンを留めて着てもOK。コーデをすっきりまとめることができます。簡単ですね。

装飾が少ないシンプルなものを選ぶ

装飾が派手な物は、着回しがしにくいので避けましょう。

・ボタンやスタッズがたくさんついている
・切り替えラインが多い
・刺繍やワッペンがついている
・ダメージ加工が激しい

などなど。

デザイン物のデニムシャツは、アメカジテイストのアイテムに多いのですが、主張が強いので、合わせる服を考えないといけません。

その点、シンプルデザインのデニムシャツは楽です。白黒モノトーンに合わせるだけで、きれいめカジュアルスタイルが完成。

春は薄めの淡いブルー、秋は濃いめの深いブルーを選ぶと、季節感が出ておしゃれです。

コーデに自信がない人は、色味が均一のハリ感のある素材がおすすめ。シワ加工、ブリーチ加工が多めのシャツは、だらしなくなりがちなので、避けましょう。

初心者でもカジュアルシャツを上手に着こなすコツ

白Tシャツ+黒パンツでOK

Photo by SPUTNICKS

合わせ方に迷ったときは、白黒アイテムに合わせれば、うまくまとまります。

基本服に合わせるなら、白Tシャツ+黒パンツの上に羽織ればOK。ブルー系デニムなら大抵合います。

白Tシャツをグレーにしてもいいですし、ボーダーTシャツもよく合います。

黒パンツの代わりに白パンツを穿いてもいい感じ。白パンツは爽やかでデニムと相性抜群。夏にピッタリのコーデです。

袖をまくって軽やかに

Photo by SPUTNICKS

デニムシャツ一枚で着たときに「何かしっくりこないな~」と感じたときは、袖を軽くまげると、バランスよく着こなせます。

ゆるゆるダボダボしていないサイズ感、ヨレヨレしていないシャツを選べば、そのまま着てもすっきりまとまります。

きれいめパンツと合わせて

Photo by SPUTNICKS

デニムはカジュアルなアイテムなので、きれいめ服と合わせるのが鉄則です。

黒パンツ、ベージュやカーキのチノパン、白パンツなどなど、合うアイテムはたくさんありますが、できるだけダメージの少ないシンプルなものを。

デニムシャツの選び方同様、色味が均一のハリ感のある素材が合わせやすいです。

穴あきダメージ加工のジーンズや、シワ加工、ウォッシュ加工が強めのものは避けるのが無難。

ここでもやはり「とりあえず細身の黒パンツ」のルールが役立ちますね。

まとめ

では、最後にもう一度、デニムシャツの選び方、着こなし方のコツをまとめます。

<チェックポイント>

  • 肩幅を合わせる
  • 着丈はベルト~お尻が半分隠れるくらい
  • 装飾が少ないシンプルなものを選ぶ
<着こなしポイント>

  • 白Tシャツ+黒パンツでOK
  • 袖をまくって軽やかに
  • きれいめパンツと合わせて

サイズ選びと合わせ方のポイントさえ押さえておけば、デニムシャツは便利に使えます。

薄手のデニムシャツなら、着心地もよく、長く着られるのでコスパも良しです。

基本のきれいめカジュアルをマスターした人なら、いつもの定番コーデに追加するだけで、おしゃれに仕上がりますよ。

新たなアイテムをお探しながら、デニムシャツ、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


メンズ デニムシャツ - SPUTNICKS

人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

5

ファッション改造をする上で、ボロボロズボンは厳禁。イケてるパンツにチェンジする必 ...

-シャツ

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.