メンズタンクトップってどう使うの?着こなし&選び方のポイント

投稿日:

「タンクトップってどうやって着ればいいの?」
「イケてるタンクトップってどんなの?」

そんな疑問をお持ちの方に。

今日は、タンクトップの選び方・着こなし方について考えましょう。

メンズタンクトップの使い方

主なタンクトップの使い方は次の3つ。

インナー(肌着)ととして

肌着、つまり見せないインナーです。

シャツやTシャツの中に着ることで、汗を吸収してべたつかないというメリットがあります。

ユニクロのエアリズムのような機能性インナーは、速乾性が優れていて、とても着心地が良いですね。

インナーを絶対に見せない場合は、ベージュがおすすめです。男性にはまだ馴染みがないかもしれませんが、女性にとっては「透けない=ベージュ」の定番カラー。

汗対策として着るなら、脇汗をカバーできるTシャツタイプも快適です。

肌着としてタンクトップを使う場合のポイントは、完全に見せないこと。中途半端に見えちゃうのはNGです。すっきりスマートに着こなしましょう。

シャツ・カーディガンのインナーとして

タンクトップをおしゃれに使いたい場合は、シャツやカーディガンの下に重ねましょう。

風通しが良いので涼しいですね。

オーソドックス、かつ、簡単な使い方です。

その際は、汗ベタベタ、わき毛ボーボーには注意しましょう。いくらタンクトップの上に羽織るといっても、油断は禁物。清潔感を忘れずに。

レイヤード(重ね着)アイテムとして

タンクトップを使った重ね着は、今どきメンズの定番スタイル。

Tシャツの下にタンクトップを重ねて、裾を出す着こなしですね。

重ね着タンクトップの定番カラーは白。見せる部分は少しでも、色の変化をつけることによって、グッとおしゃれになります。

メンズタンクトップの選び方

基本カラーは白・グレー・黒

無彩色は何にでも合わせやすいので、まずは白・グレー・黒を押さえておけばOKでしょう。

ただし、グレーは汗が目立ちやすいので、汗かきさんは要注意。

大きすぎず小さすぎないサイズを

シャツやカーディガンに重ねるタンクトップは、だぶだぶすぎないサイズを選びましょう。ジャストサイズのインナーを重ねると、スッキリまとまります。

重ね着用は「ちょっとだけ長め」

レイヤード(重ね着)で失敗しないコツは、トップスから少しだけチラ見せする着こなし。

見せる部分が大きすぎると、バランスを取るのが難しく、上級者向けになってしまいます。

なので、タンクトップのサイズを選ぶときは、トップスより少し長めの着丈がおすすめ。

身幅が広すぎると、重ねたときにゴロつくので、だぶだぶすぎないサイズを選びましょう。

タンクトップ1枚の着こなしってどうなの?

「タンクトップ1枚の着こなしってカッコいいよね」

もしあなたがそんな思いを持っているのであれば、ちょっと知っておいてほしいことがあります。

タンクトップオンリーの着こなしは万人受けしません。というか、女子ウケがよくないです。

「わき毛がダメ」「脇のむにっ感がちょっと……」などなど、生理的に受け付けないという意見はよく聞くところ。

だからといって、美しいマッチョ体型であれば良いのかと言えば「No」。筋肉アピールを好まない女性も多いのです(もちろんマッチョ好きの女性もいますが)。

反対に、色白さんや細身体型さんがタンクトップを着ると、不健康さが目立ってしまうこともあります。

どんな場合であれ、無難にまとめたいならば、隠すのがベターです。

まとめ

おしゃれが苦手な人でも失敗しないタンクトップの着こなしは、

  • タンクトップ1枚で着ない
  • シャツやカーディガンの下に重ねる

タンクトップの選び方は、

  • 基本カラーは白・グレー・黒
  • 大きすぎず小さすぎないサイズを
  • 重ね着用は「ちょっとだけ長め」

夏らしい爽やかな着こなし、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

冬は何着ればいいの?メンズファッション 5

「冬はどんな服を着ればいいの?」 「アウターはどれがおすすめ?」 そんな男性に向 ...

-Tシャツ・カットソー

おすすめ記事と広告

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.