メンズ初心者向け・Tシャツの選び方&着こなしのコツ

更新日:

ファッションに欠かせない定番服といえば「Tシャツ」。年間通して使える便利なアイテムです。

でも、定番であるがゆえに、色柄も豊富で、何を選んだらいいのか迷ってしまうことはありませんか?

カッコいいTシャツを買ってみたものの、いざ着てみたら「なんか違う……」となってしまったり。

どうしたらTシャツをおしゃれに着こなすことができるのでしょうか?

今回は、ファッションが苦手な人でも失敗しないTシャツの選び方と、おしゃれに見せる着こなしコツをご紹介します。
 

初心者向け・Tシャツの選び方のポイント

メンズTシャツを買うときのおすすめポイントは、次の5つです。

無地ポケットTシャツは万能

「合わせ方とか難しいことを考えずに、1枚でサマになるTシャツが欲しい!」

そんなあなたにおすすめなのが「無地のポケットTシャツ」。

プリントTシャツや柄Tシャツは、色合わせを考えなければいけませんが、無地Tシャツなら、そんな心配は無用。黒パンツ、ジーンズに大抵合います。

また、ポケットがさりげないアクセントになるので、「ただの無地Tシャツじゃつまらないな……」という思いにも応えてくれます。

シンプルだけど、地味すぎないポケット付きTシャツ。きれいめでもカジュアルでもいけるので、便利です。

ネックラインが細めのものはスマートな印象に

Tシャツの首元のデザインは、全体の印象を大きく左右します。スポーティなTシャツに多いのが、首元にリブがついたもの。カジュアル感が強く、ワイルドな印象になります。

大人っぽく着こなすなら、共布ですっきり仕上げられたTシャツがおすすめ。

厚手の天竺編みなら肌着っぽくならない

無地Tシャツは、合わせ方を間違えると、肌着っぽく見えてしまうことがあります。特に薄手の白Tシャツはきわどいところ。

肌着感をなくすためには、厚手のTシャツを選ぶのがおすすめ。

天竺編みと呼ばれる素材で、5.6~7oz(オンス、厚みを表す単位)なら、肌着感なしです。

伸び縮みするTシャツに比べると、脱ぎ着はしにくいかもしれませんが、洗濯してもヘタったりヨレたりしないので、長く着られます。

失敗しない配色は2色以内

プリントTシャツや柄物Tシャツを選ぶ場合は、カラフルなものを避けましょう。

おしゃれなデザインがたくさんありますが、色合わせの難易度が一気に上がりますし、デザインによっては子供っぽくなってしまうこともあるので危険です。

2色以内の配色にするか、似たようなトーン(パッと見が1色っぽく見えるもの)を選ぶと、失敗しにくくなります。
 

メンズTシャツのおすすめカラー

とりあえず白Tシャツは買い!

白Tシャツは鉄板です。1枚で着ても良し、ジャケットやカーディガンの下に着ても良し。インナーとしても使えます。

パンツは暗めの色が多くなりがちなので、明るい色のTシャツを合わせるとバランスよく決まります。

黒パンツ、ジーンズ、チノパン、カーゴパンツetc. 白は何にでも合います。

ネイビーは1枚でおしゃれに決まる!

着るだけでおしゃれっぽく決まるTシャツでおすすめなのが、ネイビー。白、黒、グレーにはないノーブルな(noble;高潔な、気高い)雰囲気があるカラーです。

重くなりがちな黒Tシャツの代わりにネイビーを使うと、同じダークトーンでも、いかつい感じがなくなります。

カジュアルアイテムのジーンズにも相性がいいので、バリエーションの一つとして1枚持っておくと便利です。

白パンツにもピッタリです。

何かと便利な黒・グレーも揃えたい!

白、黒、グレーの無彩色Tシャツは、揃えておいて損はありません。インナーとして使うこともできますし、何にでも合う万能アイテムです。

黒は重たい印象になる、グレーは汗じみが目立つ、といったデメリットはありますが、合わせ方を工夫すれば、おしゃれに使えます。

 

ダサくならないサイズ選びのポイント

Tシャツ選びで重要なのは、サイズ感です。だぼだぼTシャツやピチピチTシャツはNG。自分に合ったサイズを選びましょう。

……というのがよくあるアドバイスですが、「ジャストサイズとか程よいサイズ感って何なの!?」と言いたくなることはありませんか?

体型は一人ひとり違うので、「○○な人は◆◆!」と答えることはできないのですが、一つの目安としてチェックしておきたいポイントはあります。

ダサくならないためのチェックポイント

  • 身幅が体にフィットしている
  • アームホール(袖幅)が広すぎない
  • 肩の縫い目が肩幅に合っている
  • 着丈はベルトが隠れるか隠れないかぐらいの長さ

Tシャツの着こなしやサイズ感は、その時々で流行がありますが、基本的にはこれらのポイントを押さえておけば、ダサくはなりません。

最近は、オーバーサイズのTシャツをゆるっと着るのが人気ですが、一歩間違えると部屋着の人になってしまうので、体に合ったサイズを選ぶのが無難です。身幅、袖幅が広すぎないもの、肩幅が合っているもの(肩の縫い目が肩の付け根と合っているもの)を選ぶと、すっきりまとまります。

サイズ感を見るときは、体と服の間に手を入れて、ゆとりがどれくらいあるか確認しましょう。

スマートに着こなしたい場合は、
身幅:両手のひらを入れても生地が伸びない程度のゆとり
袖幅:手のひらが入るぐらいのゆとり

カジュアルに着こなしたい場合は、
身幅:Tシャツの中に両手のひらを入れて動かせるぐらいのゆとり
袖幅:片手を入れて上下に動かせるぐらいのゆとり

生地が伸びちゃっているピタピタサイズはNGです。

そして、Tシャツの着丈は長すぎないものを選びましょう。ベルトが隠れるか隠れないかぐらいの長さが無難です。

裾が長めのデザインもありますが、ラフなジーンズなどと合わせるとだらしない印象になってしまうことが多いです。

パンツの中に入れるスタイルもアリはアリですが、これも一歩間違えると履き込み深めのオジサンになってしまうので避けましょう。自然に着るのが一番です。
 

初心者でもTシャツをおしゃれに着こなすコツ

Tシャツ+パンツのシンプルコーデでOK

余計なことをせず、ジャストサイズのシンプルTシャツを黒パンツやジーンズに合わせていれば、全然問題ありません。

ヨレヨレだるだるTシャツだとか、よっぽどおかしなTシャツ選びをしなければ、及第点はもらえます。パンツや靴も同様です。

Tシャツは消耗品なので、へたってきたら買い替えましょう。清潔感なTシャツを着ることが何より大事です。

カジュアルパンツ+きれいめ無地Tでバランスよく

ジーンズやチノパン、カーゴパンツなど、カジュアル感の強いパンツを合わせるときは、シンプルなきれいめTシャツを合わせるようにすると、おしゃれっぽくなります。

ボリュームのあるパンツに大きめTシャツを合わせると、野暮ったくなってしまうことがあるので、大きめボトムを合わせるときには、ジャストサイズのTシャツを、大きめサイズのTシャツを着るときは、コンパクトなボトムスを合わせると、バランスが取れます。

白Tシャツは小物使いで一気におしゃれ

「白Tシャツ+パンツのシンプルコーデじゃ何だか物足りない……」

そんなときは、小物を使いましょう。

初心者でも取り入れやすいのは、レザーネックレスやリュック。これだけで、一気におしゃれ感がアップしますよ。
 

まとめ

Tシャツを買うときにチェックしたいポイントは、

  • ほどよいサイズ感
  • 無地のベーシックカラー
  • シンプルなデザイン

有名ブランドのTシャツでなくても、おしゃれなコーデは作れます。

Tシャツは気軽に買えるアイテムなので、このページで紹介したポイントを参考に、いろいろ試してみてくださいね。
 

【Pick up!】定番の無地シャツ「ヘインズ」

最後に、多くのメンズに支持されるベストセラー商品を紹介しておきます。


ヘインズ (Hanes) Tシャツ BEEFY 2枚組

手始めにTシャツを揃えるなら、手軽に買える「ヘインズ」が便利。こちらの「ビーフィー (BEEFY)」は、ほどよい厚みで、透けないTシャツ。洗えば洗うほど肌になじみます。

安くて着心地の良いパックTシャツ「ヘインズ」。高級Tシャツを買うより断然おすすめです。

セレクトショップでもコラボ商品が多数展開されています。

人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

冬は何着ればいいの?メンズファッション 5

「冬はどんな服を着ればいいの?」 「アウターはどれがおすすめ?」 そんな男性に向 ...

-Tシャツ・カットソー

おすすめ記事と広告

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.