ジージャン(デニムジャケット)の種類と特徴 ― 1st・2nd・3rd・4thの違いは?

投稿日:

春や秋に大活躍のジージャン。ちょっと肌寒いときの羽織として便利なカジュアル服です。

そんな定番ジャケットであるジージャンですが、さまざまな型があるのはご存知ですか?

ちょっとした豆知識ですが、知っていると洋服選びが楽しくなります。

ジージャンを買おうかなと考えている人に、ぜひ注目してもらいたい、基本の型と特徴です。

ジージャン(Gジャン)とは?4種類のモデルと特徴

ジージャンは「ジーンジャンパー(jean jumper)」の略。デニム(=ジーン)素材の上着のことです。英語ではジーンジャケットと呼ばれます。「jean」がなぜ「G」なのか? 諸説ありますが、「ジー」の当て字で「G」となったのではないかというのが一つの説です。最近はデニムジャケットと呼ばれることも多いですね。

ジージャンの主な種類は4つ。古い順からファースト、セカンド、サード、フォースと呼ばれています。

1st(ファースト)

現場作業員、ブルーカラーの仕事着として生まれたジーンズ生地の服。ファーストタイプは、文字通り、最初のデザインにされた型。低い位置につけられた左胸のポケット、フロントボタン横の織り込まれたひだ、ウエスト部分のバックルが特徴。全体的に柔らかいラインを感じさせます。

2nd(セカンド)

ファースト型が進化版がセカンドタイプです。胸ポケットが両側につけられ、バックベルトはなくなります。金具が少なく、ワイドめなシルエットも特徴です。

3rd(サード)

ジージャンで最もメジャーなのが、このサードタイプ。違いを簡単に言えば、フロント部分のV字ラインです。ファースト、セカンドにはないデザインです。

フロント部分のプリーツがなくなり、胸ポケットは上部に変更。ポケット上部の脇から脇にわたるライン、ポケットからウエスト部分に裾にかけて縫製されたV字ステッチも特徴的。ジグザグにステッチされたデザインや、細身のシルエットなど、ファッション性の高いアイテムとしても洗練度が増していきます。

4th(フォース)

サードタイプの丈を長くしたのがフォースタイプ。サードタイプから大きな変化はありません。

フロント胸から裾にかけてのV字デザインは3rdから継承されています。

まとめ

以上が、ジージャンの主な種類です。

改めて、それぞれの特徴をざっくりまとめると、

ファースト:V字なし、ポケットが1つ
セカンド:V字なし、ポケットが2つ
サード:V字あり、着丈短め
フォース:V字あり、着丈長め

お店に出回っている商品の多くはサードタイプを基本にしたデザインです。最初にジージャンを買うなら、このタイプが使いやすいですね。1着持っておくと便利です。

ちょっとの違いですが、選ぶ際に意識してみると、買い物が楽しくなりますよ。

nonhen(336×280)




nonhen(336×280)




人気の記事

カジュアルファッションの男性 1

「ファッションがわからない」 「一体何から始めればいいの?」 そんなメンズに、「 ...

セレクトショップ 2

あなたにぴったりのファッション通販は? いざ服を購入しようと思っても、「どのお店 ...

基本アイテム 3

「ダサい」と言われないためにファッション改革をする人は、とにかくまず、基本の定番 ...

彩色2色コーデ 4

これまでに、コーディネートの基本となる色合わせについて考えてきました。 参考1絶 ...

5

黒スキニーパンツは、使い勝手良し、女子ウケ良しの万能アイテム。 【とりあえずこれ ...

-ジャケット/アウター

Copyright© 脱ダサ&無難ファッション情報サイト , 2018 All Rights Reserved.